自分に合った歯科選びをするためのコツを教えます!

どうしても判断できない時のとっておきの方法

専門医を紹介してくれる歯科医は○

本当に良い歯科とは、治療の内容によって、自分よりももっと上手な歯科医を紹介できるかどうかが1つの要素となります。
歯科医にとって、別の歯科を勧めることは、簡単にできることではありません。
それは、せっかくの患者が離れて行ってしまう恐れがあるからです。
特に、抜歯の治療の中に、インプラント治療という高度な治療がありますが、この治療は保険適応外であることから、費用が高額になります。
そのため、歯科とすれば、自分のところでやりたいと考えるのが普通です。その分野において腕に自信があれば構わないのですが、自信がないのに受けてしまうと大変なことになりかねません。
その歯科医ができる範囲でも、患者や治療内容を考えて、あえて自分のところではやらず、もっと上手なところを勧めてくれる歯科は、本当に良い歯科と言えるでしょう。

固定客の多い歯科には共通点がある

良い歯科の基準は、人それぞれです。
しかし、やはり患者さんが多いところには、それなりの理由があるのでしょう。
まず、歯科は他のサービス業(主に小売りなど)のように呼び込みや勧誘などを行っているところは殆どありません。
ということは、そこに通っている人は、自ら複数の中からその歯科を選択し、通っていることになります。
歯科は、大抵が1地域に複数存在しますので、実際には競争率が激しいということになります。
その中で、固定客が多いところというのは、やはり明確な理由があります。
それは、治療においてもその他のことにおいても対応が的確で丁寧だということに尽きるでしょう。
逆を言うと、治療は丁寧で対応が雑、または対応は丁寧だが治療は雑、というところはあまりないように感じます。
よって、対応と治療は=の関係にあると言え、固定客が多い歯科は、その部分が優れているということになります。