自分に合った歯科選びをするためのコツを教えます!

歯科選びに失敗したケースから学ぶ

こんな歯科はNG!見極めるコツ

インターネットから情報を集め、ある程度絞ることができたら、予約を取ります。
その予約を取る際に、電話応対が丁寧ではないところは、やめましょう。
歯科は、院長の方針がスタッフに浸透しますので、入口部分の電話応対が雑なところは、治療も雑なところが多いからです。
そして、初診時には、患者の症状や特徴を丁寧に聞き、理解しようとしてくれているかがポイントとなります。
こちら側の意見や希望などをろくに聞かず、流れ作業のように視診、レントゲン撮影などをする歯科医には注意しましょう。
まずは、症状やこちらの意見・希望を聞いてくれ、それに対して治療にはどのような方法があるか、それにはいくら費用がかかるか、治療中に痛みなどがあるかなどを丁寧に説明してくれ、しっかりとコミュニケーションが取れる歯科医かどうかを判断する必要があります。

良い歯科医かは、初診時の診断でわかる!

本当に理想の歯科医を見つけたいと思ったら、複数の歯科に行くことがオススメです。
実際に初診を受ければ、その歯科の大体の善し悪しがわかるからです。
受付を含む、歯科医やスタッフの人柄と対応力、清潔さ、担当歯科医のコミュニケーション能力、説明の仕方、治療の幅など実際に接してみるとダイレクトに感じることができるため、判断がしやすくなります。
患者が多い場合、人気の歯科に見えがちですが、時間に追われ、対応が雑なところには注意しましょう。
また、複数の歯科を見ることで、診断が正しいかも判断できることになります。
人柄などはもちろん重要なポイントですが、診断結果はもっと重要です。
その他にも、保険診療と自費診療は費用がだいぶ異なります。
治療の途中で保険から自費を勧められたり、金額が変わったりする場合は要注意です。
最初に治療内容と費用を確認し、慎重に判断しましょう。